赤シリーズ

武器 > 赤シリーズ

概要

初出は『PSO』。
PSOの登場人物「フロウウェン」が、愛弟子の「リコ」に贈った自作の武器。
リコのイメージカラーと同じ、赤を基調としたカラーデザインとなっているため、
「赤シリーズ」、または「赤の武器(シリーズ)」「赤武器」と呼ばれている。

PSOでの赤シリーズ

武器には、ひとつひとつにアルファベットが彫られており、これらを繋ぎあわせると「ヒースクリフ」と読める。
これは幼少期のリコが自分で彫ったものである。
レア武器のひとつであり、アルティメットモードでも重宝されることが多い実用的な武器。

赤のセイバー
全てが赤い部品で作られたセイバー。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にHeという文字が刻まれている。
赤のソード
全てが赤い部品で作られたソード。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にaという文字が刻まれている。
赤のダガー
全てが赤い部品で作られたブレイド。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にtという文字が刻まれている。
赤のパルチザン
全てが赤い部品で作られたパルチザン。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にhという文字が刻まれている。
赤のスライサー
全てが赤い部品で作られたスライサー。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にclという文字が刻まれている。
赤のハンドガン
全てが赤い部品で作られたハンドガン。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にiという文字が刻まれている。
赤のマシンガン
全てが赤い部品で作られたマシンガン。試作品らしく、作りは粗い。
グリップ部分にffという文字が刻まれている。

PSO2での赤シリーズ

アークスで開発・制作された、試験的な量産武器。
最小攻撃力〜最大攻撃力のぶれ幅が大きく、与ダメが安定しない。
しかし、隠し潜在能力「再輝の赤」とクラフトで武装エクステンドレベルを上げて使えば、スーパーハード以降でも充分使える武器となる。
ドロップするのはクラスレベル45以降で入場できる『アドバンスクエスト(VH)』のみとなっている。

  • 武器
赤のソード
試験的にカラーリングを
シンボリックにした大剣。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のワイヤードランス
試験的にカラーリングを
シンボリックにした自在槍。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のパルチザン
試験的にカラーリングを
シンボリックにした長槍。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のツインダガー
試験的にカラーリングを
シンボリックにした双小剣。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のダブルセイバー
試験的にカラーリングを
シンボリックにした両剣。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のナックル
試験的にカラーリングを
シンボリックにした鋼拳。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のガンスラッシュ
試験的にカラーリングを
シンボリックにした銃剣。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のカタナ
試験的にカラーリングを
シンボリックにした抜剣。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のデュアルブレード
試験的にカラーリングを
シンボリックにした飛翔剣。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のライフル
試験的にカラーリングを
シンボリックにした長銃。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のランチャー
試験的にカラーリングを
シンボリックにした大砲。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のマシンガン
試験的にカラーリングを
シンボリックにした双機銃。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のバレットボウ
試験的にカラーリングを
シンボリックにした強弓。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のロッド
試験的にカラーリングを
シンボリックにした長杖。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のタリス
試験的にカラーリングを
シンボリックにした導具。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のウォンド
試験的にカラーリングを
シンボリックにした短杖。
目映い赤色は必然的に目を引く。
赤のジェットブーツ
試験的にカラーリングを
シンボリックにした魔装脚。
目映い赤色は必然的に目を引く。
  • 武器迷彩
赤のセイバー
全てが赤い部品で作られた武器迷彩。
試作品らしく、作りは粗い。グリップに
Heという文字が刻まれている。

関連項目

関連ページ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 赤の説明文、全部ソードのやつ? -- 2016-01-07 (木) 15:41:06
    • 多分これであってるはず -- 2016-01-07 (木) 15:55:53
      • おつう -- 2016-01-07 (木) 23:11:38