ファンタシースターオンライン EPISODEⅢ カードレボリューション

PSO > ファンタシースターオンライン EPISODEⅢ カードレボリューション

概要

正式名称は『Phantasy Star Online Episode Ⅲ C.A.R.D. Revolution』。
2003年11月27日にニンテンドーゲームキューブで発売された。
ファンタシースターオンライン』のEPISODEⅢだが、「オンラインカードゲーム」なため、EPISODEⅠ・Ⅱまでとはシステムが異なる。
だが、オンラインサーバーはPSO EPⅠ&Ⅱと同一のため、EPⅠ&Ⅱのユーザーとも交流が可能だった。
EPISODEⅢ専用のビジュアルロビーも存在した。

ストーリーは、EPISODEⅠ&Ⅱの21年後のラグオルで起きた、C.A.R.Dと呼ばれる新技術を巡る、「ハンターズ」と「アークズ」の争いを描いた作品。
プレイヤーパイオニア2総督府所属の指揮官となり、各キャラクター(登場人物)に指令を出し、カードで戦うというもの。
ラグオルの開発を進めたい総督府と、総督府に反旗を翻しラグオルを保護しようというアークズとの戦い。
ハンターズとアークズ双方の視点から物語を追っていくことになる。

パッケージに記載されてるキャッチコピーは「ラグオル三部作、完結」。
エンディングでは、ラグオルに降下していくパイオニア2の姿が観れる。[1]

EPISODEⅠ&Ⅱと共に、2007年3月31日にオンラインサービスが終了した。

ゲームシステム

シナリオモード
ハンターズアークズの両陣営、どちらかを選択しプレイする。
オフラインなので両陣営のストーリーを追うことも可能。
ストーリーはミッション方式で、ミッションクリアや、司令官と各キャラクターとの会話で次のミッションが発生する。
要所にはビジュアルシーンが用意されている。
カード対戦
オンラインで、他のプレイヤーと対戦で遊ぶモード。1 vs 1、または2 vs 2の対戦が楽しめる。
カードの種類は、「キャラクター」、「アイテム」、「アシスト」、「アクション」カードがある。
なお、アークズ側はアイテムカードの代わりに「エネミー」カードを使用できる。
対戦はターン制で行われ、いくつかのフェイズ(段階)に分けられる。
基本的な流れは、ターンの最初に「ダイス(サイコロ)」を振って「ATK/DEFポイント」を決定。
手札内の使用カードを決めて移動、配置。相手のカードに攻撃を行なう。
手札の中に要らないカードがあれば捨て、山札からカードを補充。→相手のターンへ。
両陣営がこれを繰り返し、最終的に対戦相手のキャラクターカードのHPを0にした方が勝ちとなる。
また、観戦用のルームを作成し、フレンドなどの対戦を観賞するモードもある。

世界観・用語

C.A.R.D.
『Compressed Alternate Real Data』、疑似データを圧縮してカードサイズに収めている。
「菌」と呼ばれる物質を使用しており、「菌」の持つ力で武器やエネミーなどのデータをカード状のデバイスに入力し、現実世界に疑似データとして再構築している。
ただし再構築されたアイテムやエネミーは、所詮データが再現されてるだけにすぎず、自律行動を取ることはできない。
謎の物質。この世界に「菌」をばら撒いている存在がおり、それを知ってか知らずか「菌」を有効活用するための研究が続けられている。
「菌」は、物質を分解・再構築できる力があり、C.A.R.D.技術に用いられている。
性質的には「D型細胞」にやや近似している。
C.A.R.D.研究所
パイオニア2総督府の管理下にあり、パイオニア2ラボ直属の組織、研究所。
C.A.R.D.技術の研究と、データの収集を行なっている。
モルグ
C.A.R.D.研究所の別称。誰が呼び始めたかは不明だが、あまりいい意味ではない。
パイオニア2
PSO EPⅠ&Ⅱ』から21年経った今でも、惑星ラグオルの衛星軌道上に停滞している大型移民船。
様々な妨害や困難な出来事が続き、移民計画を実行に移せないままでいる。
既にコーラル本星からは、一国家として独立している。
21年の間、船の中で生まれ育ち、本星を知らない「シップチルドレン」が多く存在する。
かつてのパイオニア2総督であったコリン・タイレルは本星政府に解任され、愛する一人娘を失った悲しみを抱えたまま失踪した。
その後、ドル・グリセンという人物が総督に就任するも、独裁政治を行なったことで反乱が起きている。
また、人口増加と資源の枯渇に悩まされており、喰い扶持を減らすためにアンドロイドが大量に虐殺された「OPSS事件」があった。
OPSS事件
A.U.W.3098に起きた、アンドロイドの大量虐殺事件。
この事件を機にアンドロイドの人権は見直され、名称も「ヒューマノイド」へと変わっている。
ハンターズ
PSO EPⅠ&Ⅱ』の頃はフリーの傭兵や冒険者が登録されている「ハンターズギルド」だったが、現在は総督府直属の組織となっている。
総督府から任命を受け、ラグオルに降下し活動している。
アークズ
パイオニア2に真の自由を!という大義名分で設立された、反政府組織。
惑星ラグオルの開発を妨害し、環境保護を掲げている。
アンプラム・アンブラ
この世界に「菌」をばらまいている元凶。
消滅の際にダークファルスが産み落とした繭や卵のようなモノ。
「菌」を繁殖して有望な人材へ感染させ、それを媒体にダークファルスを復活させようとしている。
「大いなる陰」と呼ばれる存在で、本作の真のラスボスである[2]

フィールド・ダンジョン・施設

モルティスの泉
木々に囲まれた泉。密かにラグオルの観光名所としても人気がある。
カエルムの塔
かつて、パイオニア1の先遣隊が建造した輸送機関。
ラウムの神殿
ラグオルの地表で発見された古代文明の神殿。
ルプスの森
PSOの森エリアの正式名称。
テネル海岸
ガル・ダ・バル島の海岸地区の正式名称。
ネビュラ高地
ガル・ダ・バル島の高山地区の正式名称。
ドロル・オドル
肉壁で構成されたグロテスクなダンジョン。何かの生物の体内のようでもあるが、詳細は不明。
モーラ・ヴェンティのフォトン整流所
風車型の整流機を通してパイオニア2フォトンを送っている場所。
ヴィア・タバス
ラグオルをスムーズに移動する目的で造られた高速移動網。

PSO EPISODEⅢの登場人物

  • ハンターズ
イノリス
ヴィヴィアナ
オルランド
ガイキルド
キルリア
クランツ
グルスター
サリガン
シルファ
ステラ
テイフー
ドル・グリセン
ペンターグラス
レルミトス
  • アークズ
エンドゥー
赤い髪の青年。作中ではSキャラカードに分類されている。
使用武器は「フロウウェンの大剣」。
オーガン
クレイヌ
ケイシー
ござる口調で話すレイマー。
ブレイク
ヘイズ
ペコ
メモル
リオ
ルーラ
ルフィナ
レイズ
レッド
総指揮官。ドル・グリセン体制に絶望し反旗を翻した張本人。
娘が2人いたが事故で亡くなっており、そのことも軍部およびパイオニア2ラボへの不信の動機となっている。
  • その他
カストル
レッドの娘によく似た外見のクローン兵士。
ポルックス
カストル同様、レッドの娘によく似た外見のクローン兵士。

マルチエンディング

ハンターズ陣営のラスボスはカストルとポルックス[3]というクローン姉妹。
アークズ陣営のラスボスはアンプラム・アンブラ、という具合に分かれている。
戦闘BGMは『"IDOLA" The Strange Fruits』、小林秀聡の手によるもの。

開発秘話

以下の出典元はいずれも『PSO2放送局』#36 -『PSO』15周年記念 15時間生放送スペシャル!-より。
当初は『PSO』のナンバリングでもEPISODEⅢでもなく、外伝やスピンオフ的な感じの別システムで出すゲームとして開発していた。
カードゲームになった理由[4]は、開発当時は市場でTGC(対戦型のトレーディングカードゲーム)が流行っていたから。
しかし、想定していたより開発に時間がかかってしまったため、PSOのEPISODEⅢとして出すことにしたという。

関連項目

関連ページ

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • カストルとポルックスはどこに入れたらいいんだろ(登場人物の項目)。エネミー分類だとダークファルスらしいけど。 -- 2016-01-09 (土) 17:57:00


©SONICTEAM / SEGA, 2000, 2003, 2004-2010


[1] 長年の時を経て、ようやく正式にラグオルへ移住可能になった。
[2] アークズ陣営でのみ。
[3] カストル、ポルックスという名前は黄道12宮の「双子座」にまつわるギリシャ神話に登場する兄弟神から。
[4] 節政氏曰く「(開発陣が)疲れてたんじゃないですか?」